自己破産

自己破産のメリット・デメリット

債務整理とは文字通り債務、すなわち借金を整理する方法のことです。
債務整理には過払金請求から始まり、
任意整理、個人再生、特別調停、自己破産という種類が有り、
どのように整理したいかまた借金の額がいくらかによって選ぶ方法は違います。

 

その中において自己破産は究極の債務整理の方法と言えるのです。

 

クレジットカードや金融会社からの借り入れが支払い能力を超えてしまい、
多重債務(複数の金融会社やクレジット会社からの借り入れを抱える事)に陥ってしまった人を
救うために国が定めた制度が自己破産という方法です。

 

自分の住んでいるところを管轄している裁判所に破産申請をして、
裁判所が支払い不能と認めた場合(これを免責という)、借金の支払いをなくすことができる方法です。

 

自己破産によって得られるメリットは、
破産申請をした時点で債権者(お金を貸している側)からの取り立てが一時停止することや、
裁判所の免責が下りれば借金をゼロにすることが出来ると言う点です。

 

借金の取り立てにおびえなくてよくなることが一番のメリットと言えます。

 

しかしデメリットもあります。
まずは自己破産をすると金融機関の信用取引情報(いわゆるブラックリスト)に破産者として名前が載ってしまいます。

 

そのために約10年間は借金をすることが出来ませんし
、クレジットカードを作ることも使用することもできなくなります。

 

また職業の選択に制限も発生します。
法律に携わる仕事や警備関係の仕事には就くことが出来ないのです。

 

またほかの人の保証人や後見人になることもできません。

 

そのほかにも自分の資産であっても破産管財人(財産を管理する人)が付くために
、勝手に処分することは出来なくなります。

 

20万円を超える財産や資産は没収されます。

 

旅行や引越も制限されることになるのです。
自己破産の免責は誰でも受けることが出来るわけではありません。

 

借金の理由がギャンブルであったり収入に見合わない買い物で借金をしてしまった場合、

 

返済不能であると分かっていて借り入れをした場合、

 

また財産があるのに隠していたり申告の際に嘘の申請をしていた場合などは免責が下りないことが多いのです。

 

また過去に免責を受けている場合も年数によって免責が下りないことがあります。

 

こういった免責を得るために審理され、
免責に値しないと判断される事由のことを免責不許可事由と言います。

 

借金をしてしまったことを真摯に受け止めて
自己再生を図る意志が本当にあるかどうかが免責を得るための重要事項なのです。

債務整理おすすめ人気ランキング

page top