MENU

債務整理をして自己破産する

お金がないからお金を借りることになります

 

お金を貸してくれるのはまず銀行です

 

しかしほかに借金が当たり収入が低いと銀行からお金を借りることは出来ません

 

そうすると今度はクレジットカードを使ってクレジットカードキャッシンクをすることになります。

 

 

クレジットカードキャッシングは借り安い反面金利が結構高いですね

 

 

お金がなくなれば借金します

 

借金すれば借金がドンドン増えて行きます

 

借金すれば金利を支払う必要があります

 

金利を支払えば返済額が増えます

 

返済が増えれば返済が出来なくなります

 

借金の返済が出来なくなれば債務整理をすることになります。

 

債務整理をして自己破産するか?

 

任意整理をするか?

 

個人再生なのか?

 

過払い請求なのか?

 

専門家である弁護士がどうするのが最善か?

 

判断して方向性を決めることになるのです。

 

債務整理は借金が返済できない人のために出来た法律です。

 

法的に決められた金利を超えて貸し出しした違法金利であるグレーソーン金利の返還請求が

 

過払い金返還請求です

 

今は改正化資金業法が施行され、最高限度の利息を超えた金利での貸付は懲役刑にも処されることもあるようですね

 

いづれにせよ違法金利での貸金業者との金銭消費貸借契約はあってはならないのです。