自己破産 任意整理 個人破産 デメリットメリット

究極の債務整理、自己破産とは

債務整理には、
最近特に多い過払い金請求、任意整理、個人再生などありますが、
究極の債務整理が自己破産です。

 

自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出し
免責許可をもらい、
すべての借金をゼロにする制度です。

 

ただ多くの方が自己破産の意味を正確に理解されてない場合が多く、
ここにたどり着くまでに相当の苦労をされるケースが多いようです。

 

まず自己破産と聞くとなんだか後ろめたい気になり、
破産だけはしたくないと無理に無理を重ねてしまいます。

 

また、自己破産によるデメリットを理解されていない、
或いは家族に迷惑がかかる等々、
正確な知識さえあればする必要のない心配をされています。

 

一度自己破産してしまうと、
やみつきになり2度、3度と繰り返してしまう方が多い現状も
そのメリットの多さを物語っています。

 

ちなみに法律で1度自己破産すると6年間は自己破産することはできません。

 

他の債務整理もそうですが、
自己破産も自分で行うことはできますが、
これは相当難易度が高いので専門家である弁護士等に任せるのが無難です。

 

費用はおおよそ25万円前後、
管財人が入る場合はプラスα費用がかかります。

 

今はほとんどの弁護士事務所で無料相談を行っていますので、
まず相談をしてみることです。

借金返済の目途が立たない借金地獄〜もちろん職場や家族に内緒の解撤策はココ←新大阪法務司法書士事務所

 

借金地獄 住宅ローンや多重債務 借金地獄から抜け出したいならココ←アヴァンスレディース 債務整理

 

優しい弁護士をお探しならココ←弁護士法人サンク総合法律事務所

状況に応じた債務整理の方法を的確にアドバイスしてくれます。

 

また費用面についても、
分割払い等無理のない方法を提示してくれますので心配はありません。

 

相談の結果、自己破産等を依頼すると弁護士の介入段階で、
債権者への支払いをストップできます。

 

当然,
催促等も止まります。

 

そして必要書類をそろえ管轄の地方裁判所に破産申し立てを行います。

 

書類さえそろえれば後は弁護士がやってくれます。

 

免責が確定し官報に掲載されることで
すべての借金の返済の必要がなくなります。

 

当然にいくつかのデメリットもありますが、
前述のようにそのメリットに比べると微々たるものです。

 

具体的には、今後5〜10年借金ができない
住所氏名が官報に掲載される、
免責決定までの期間一定の職業(警備員、保険勧誘業、士業など)につけない、などです。

 

官報を見ている人はごく少数でしょう
周りの人や家族などに知られる可能性もほとんどないでしょう。

 

また家族がクレジットカードを作ったりすることにも全く影響を与えません。

 

そのうえ現金にして約百万円未満、
20万円以下の価値の資産などは生活に必要なものとして所持することもできます。

 

債務整理とはもともと再出発をかざり、
再び世の中で活躍していくための当然の権利でもあるわけです。

 

もちろん反省すべきところは反省したうえで、
再出発をし世の中に貢献していくことが重要なのです。

 

 

債務整理おすすめ人気ランキング

page top