過払い金

過払い金が発生していれば過払い金請求!お金を取り戻す

貸金業者から借入をしている人は、「過払い金」という言葉を耳にしたことがあると思います。

 

過払い金とは、簡単に説明すれば、払い過ぎた利息のことです。

 

現在は法律で上限金利が明確に定められており、
守らない場合は刑事罰が課せられますが、以前は刑事罰の対象外だったことから、
出資法の旧上限金利ギリギリの「グレーゾーン金利」と呼ばれる、高金利で貸し付けをする業者が殆どでした。

 

そのため、正しい金利との差が生じ、本来返済すべき以上のお金を支払っていいた、いわゆる過払いの人が数多く存在するといわれています。

 

違法な金利設定とは知らずに返済していた人が殆どなので、
この過払い金が取り戻せることを知らない人が多いのですが、
「過払い金請求」という法に基づいた手続きをすれば、これまでのお金を取り戻すことが可能です。

 

因みにこの過払い金請求は、既に完済済みでも手続きは可能です(タイムリミットは完済から10年までです)

 

過払い金請求の1番のメリットは、払い過ぎたお金を取り戻すことができることです。

 

お金を取り戻せることで、現在の借金が減額されたり、場合によっては借金自体が帳消しになる可能性もあります。

 

この請求によって、債権者からの取り立てが止まるので、精神的にもかなり楽になれます。

 

個人でも手続きは可能ですが、
現在から過去にさかのぼって借金を整理していく必要があったり、
債権者と交渉しなくてはいけないので、
個人では対処しきれないことも多々あります。

 

そのため、お金はかかりますが、司法書士や弁護士に依頼するのが一般的です。

 

少しでも過払いの可能性があるのなら、諦めてしまうのは勿体無いです。まずは法律の専門家に相談するのがベストです。

 

 

過払い金請求

払い過ぎた返済に過払い金請求が出来る
金融業者との取引期間が長いと、
業者に対し本来払うべき金額以上の金を返済している可能性があり、
余分に支払った金を過払いと言います。

 

過払いが発生すれば、業者に対し余分に支払った分を返すように要求可能です、
返してくれという要求を過払い金請求と言います。

 

過払いが発生時は、弁護士、司法書士が、
業者に過払い分返金するように請求し、
互いに納得できる金額で和解可能になります。

 

利息制限法では、お金を貸す時に、
これ以上の利息を付けて貸してはいけないという上限が定められています。
この利息上限は金額によって違うのですが、

 

利息制限法では
10万円未満の場合は、年20%まで、
金額が10万円以上100万円未満の場合は、年18%まで、
金額が100万円以上に場合は、年15%までというような縛りがあるのです。

 

多重債務に陥っている方は大体100万円を超えていると思いますから、
過払い額も大きくなりがちです、

 

自分が過払いになっていないかの条件を照らし合わせてチェックしてみるのが良いでしょう。

 

自身で判断出来ない場合は弁護士や司法書士に相談してみましょう、
メール連絡のみで自分の状況を記載すれば、
過払いかどうかの判断位は無料返信してくれる所もあります、

 

過払いで請求出来ると解れば、
キチンとお金を払って相談に入りましょう。

 

弁護士や司法書士が介入すれば、
業者との今までの取引明細を取り寄せて、
利息制限法で定められた利息で計算し直します。

 

あくまでも例ですが、
過去5年に渡り、
年率28%で金を借りていたとすれば、
ここ5年の取引全て利息制限法の利息、
年18%で引き直し計算します

 

、という事は業者が利息制限法の上限を超えて取った利息分10%が、
元金返済に充てられ、結果的に借金の総額が減るのです。

 

多重債務の方は借金が長引いて苦しい状態になっていて、
なおかつ過払い状態になっている可能性も高いので
一度整理してみても良いでしょう。

 

 

 

 

私は借金地獄に陥っています。
社会人2年目の23歳です。
学生ローンが毎月5万円あり、
払えないときは消費者金融に借金して支払っています。
ボーナスで一気に返済しようと考えていましたが、
今年の冬のボーナスは半分くらいになるという噂です。

 

その他に、税金や年金、生活費、交際費、毎月の賃貸料金など、
頑張って働いたお金はすぐに消えていってしまい、
貯金もほとんどありません。
私は正社員で毎日まじめに働いているのに、
お金がないことに困っています。
どうしたらこの生活から抜け出せますか?

 

多重債務者になる人って失業した人とかくらいだと思っていましたが、
ギャンブルにはまってしまうと普通の社会人でもなってしまうのですね。
毎日お金がないと思いながら過ごしていると、
本当にまともな社会人としての生活ができなくなります。

 

過払い金請求の時効は10年

最近本当によく耳にする機会の多い過払い金、
ご存知のない方もいらっしゃると思いますが、

 

過払い金とは借り入れした借金などの払い過ぎ分を、
法的手続きによって取り戻すものです。

 

そのために弁護士や司法書士に手続きなど
代行してもらい請求するのですが、

 

この過払い金も発生してから10年で 時効を迎えることになります。

 

完済してから10年未満の借金で気になるものがあれば、
一度弁護士に相談やもしくは専門サイトでの

 

簡単なシミュレーションで、
過払い金の有無を確認してみましょう。

 

意外と過払い金といっても請求するほどの
金額ではないのではないかと思い、

 

調べもしない方もいると思います。

 

ですが借入した場所や年数によっては、
思っているよりも多い金額が戻ります。

 

むしろ過払い金の請求金額よりも、
依頼した弁護士や司法書士に払う、
依頼料などのほうが高くついたりします。

 

 

現在様ざまな場所で弁護士などの過払い金請求の
返還を即すような宣伝がありますが、
依頼する弁護士や事務所などによっては、
過払い金の返還請求の依頼料のほうが高くつき、
肝心の過払い金の方が少なくることもあります。

 

もし過払い金があり請求を弁護士などに依頼するのであれば、
このような弁護士に頼む際の依頼料や手数料を
念頭に入れて依頼するのをおすすめします。

 

過払い金の相談料は無料なことが多いのですが、
請求する過払い金の額により、
請求される手数料は変わってきます。

 

意外とこのようなことが、
依頼後のトラブルに発展したりしますので、
申し込みの際は気をつけたいものです。

 

また相談件数が増えるにつれ、
悪質な事務所でのトラブルも増えています。

 

相談する際は事務所の評判や、
弁護士や司法書士の評判を調べてから相談するのが、
トラブル回避につながります。

債務整理おすすめ人気ランキング

page top