借金返済

借金返済 相談の方法とコツ

MENU

借金と利息 利息が高いと元金は減らない

利息制限法

 

お金の貸し借りは、金銭消費貸借です。

 

この金銭消費貸借は、利息制限法により規制されています。

 

金銭消費貸借、つまりお金を貸し付ける利息は、

 

利息制限法1条1項により定められています。

 

 

  • 元本が10万円未満の場合は、年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合、年18%
  • 元本が100万円以上の場合、年15%

 

 

ところが、金融業者は利息制限法違反の29.2%の高金利で貸付を行っていました。

 

おかげで多くの方々が、消費者金融から29.2%という出資法ぎりぎりの高金利でお金を借りていました。

 

そのわけは
利息制限法違反でも、出資法に抵触しない限り、刑事罰に抵触しなかったからです。