MENU

借金と利息 利息が高いと元金は減らない

利息制限法

 

お金の貸し借りは、金銭消費貸借です。

 

この金銭消費貸借は、利息制限法により規制されています。

 

金銭消費貸借、つまりお金を貸し付ける利息は、

 

利息制限法1条1項により定められています。

 

 

元本が10万円未満の場合は、年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合、年18%
元本が100万円以上の場合、年15%

 

 

ところが、金融業者は利息制限法違反の29.2%の高金利で貸付を行っていました。

 

おかげで多くの方々が、消費者金融から29.2%という出資法ぎりぎりの高金利でお金を借りていました。

 

そのわけは
利息制限法違反でも、出資法に抵触しない限り、刑事罰に抵触しなかったからです。

 

キャッシングの金利について

キャッシングには必ず年率があります。

 

今は最高でも20%の金利がかけられています。

 

年率とは何かといえば1年で借りた額に対して何%の利息がかかるかということです。

 

 例えば年率18%で10万円キャッシングすると年に18000円の利息がかかります。

 

それを12が月で割って1か月の利息は1500円になります。

 

月々の返済が1万円だとすれば、10万円を借りたとすれば最初の返済は11500円になるのです。

 

そして翌月は残金90000円に対しての利息がかかり
90000(残金)×0.18÷12(月数)=1350円
が支払い額になります。

 

そうしてまたその残金に上記の計算にて支払い換算していきます。

 

そう考えると利息の年率というもはキャッシングにおいて一番重要視しなければならないことです。

 

ここ数年過払いなどの問題が多発しており、それ以前はキャッシングローンは普通年率29.2%もの利息をかけられていたのである。

 

その頃はお金をたやすく借りれたが利息が利息を生み自転車操業のようにしていた借り手も沢山いました。

 

 過払い問題も消費者にとっては非常にありがたい側面があります。

 

数百万のキャッシングローンを抱えていた多重債務者が一瞬にしてローンがなくなり、おまけに返済金までいただけるいう消費者も多く出ています。

 

一人で悩まず、専門家に相談することにより、うまく借金を無くせる時代になっているのです。

 

消費者金融の利息について

 

消費者金融を利用する際に、どうしても気になるのが金利です。

 

銀行融資に比べて高利になる場合もあり、不安に思う方も少なくありません。

 

 

利息は、借入したお金を返済する際に支払うものですが、消費者金融の利息は実質年率で表され、借りた日数分が元金にかけられるようになっています。

 

銀行であれば一ヶ月単位で利息を計算しますが、消費者金融では日数分で計算します。

 

その計算方法は、借り入れした翌日から、返済日までの日数になります。

 

つまり、一日でも早く返済すればお得ということになります。

 

実質年率は消費者金融会社によってさまざまで、利用状況によっては銀行融資よりも金利が下がる場合もあります。

 

 

日本での金利法は、利息制限法と出資法で規制されています。

 

利息制限法では、元本に対する上限の金利を年率15%〜20%です。

 

大手の消費者金融業者の金利はだいたい18%程度までとなっていることが多いです。

 

しかし、20%を上回る金利で貸付を行なっている業者もあります。

 

出資法で定められる金利の上限は29.2%で、利息制限法により定められた金利を上回っても、
出資法による金利を超えなければ罰せられません。

 

この利息制限法と出資法のはざまにある金利が、グレーゾーン金利と呼ばれるものでした。

 

利息制限法と貸金規制法と出資法の3つの金利法に基づく考えで、債務者が契約に基づいて、自分の意思で返済し、債権者(業者)が明細書等を渡せば、利息制限法を越えても出資法以内なら貸付をしても罪にはならないということになっていました。

 

ただし今回の改正貸金業法の規定によりグレーゾーン金利は撤廃されました。

 

このような金利の消費者金融は、現在ではありませんが、よく注意をしましょう。

 

実際には大手の場合、年利3.5〜18%で行っている消費者金融が多く、それを超える金利で貸出を行っている業者は避けるべきです。

 

事前によく調べ、計画的な借入をすれば、借金地獄というような事態にはまず陥りません。

 

消費者としても、身を守るためには情報が重要です。

 

その上で消費者金融を利用しましょう。

 

ただし、長年の違法金利を支払わされて消費者は過払い利息の返還請求ができます。

 

専門家に無料相談の上、一番得な債務整理を行ってください!